クレジットカードの即日キャッシングでお金をすぐ借りたことについて

東京に上京してOLとして働いていた時、生活費が足りなくなってしまい持っていたクレジットカード(セゾンカード)のキャッシングを利用して何度かお金を借りたことがあります。
東京で1人暮らしをするということは案外お金がかかってしまい、OLの給料では生活するだけでいっぱいいっぱいになってしまいました。
生活していくことは出来るのですが、海外旅行に行く、新しい服やバックを買う、友人の結婚式が2件続いた、などとなった場合生活費が足りなくなってしまうことが多々ありましたので、即日キャッシングすぐ現在の時間を確認して、
そんな時はクレジットカードのキャッシングで1万円~3万円ほど借りて生生活費として利用させてもらっていました。
多く借りた時はやはり返済が大変になってしまって、結局また借りてしまうことになってしまった時もありますが、大体は毎月すぐに返済できていました。
キャッシングは急にお金に困った時にとても便利に利用できたので重宝していました。

full-souled

サークルの合宿費用で学生ローンで50万円借り入れました。

あれは5年前…某大学の3年生時の事です。
私は当時部員数120人程のテニスサークルで幹事長をしていました。

サークル最大のイベント「夏合宿」の一週間前…。事件は起きました。
「大変だ!!!」友人Aが声を鬼の形相で私の元へ走り込んできました。

私「い…一体どうしたんだ!?」
友人「足りない…全く足りないんだ…それどころかマイナスなんだ…」
私「!?(一体何が…??)」
「お…落ち着け…!一体何が足りないって言うんだ??(まさか…。)」
友人「50万円!!!合宿費用!!!」

話を伺ってみると合宿を行う為に必要な頭金を準備できず焦っていた模様です。
悩む時間、稼ぎに出る時間が一切なかった私達はすぐさま学生ローンに走り込み50万円を借入れました。

その時の学生ローンの借り入れは大学卒業間際まで完済できず、1度3ヶ月間滞納した際にはローン会社より「内定先に連絡しますよ??」と脅されるなど散々な目に会いました。

計画的な借り入れをおすすめ致します。

お金を借りた方が良いのは取り返しがつかない時

私がお金を借りたい時というのは限定版やイベントなど、その時を逃したら手に入らないものを手に入れたい時です。
定期的に収入があり、それで返せる範囲ならわりと気軽にお金を借りても良いのではないでしょうか。

私の場合、欲しいのだけど絶版でかなり相場が高騰している画集がありました。
それが再販されることになったのですが、たまたまその時手持ちが少なかったことと、発売されてからかなり時間が経っているのでそんなにすぐ飛びつく必要はないだろうと買うのを見送りました。
するとどうでしょう、あっと言う間に売り切れ、なんと再販する前よりも値段が上がってしまいました。

ああ、少し無理をしてでも、お金を借りてでもすぐに買っておけば良かったなと後悔しきっている思い出です。
これは本なので無理すれば買えるでしょうが、イベントならそうはいかないでしょう。
本当に興味のあることなら少し無理してでも参加して良いのではないかと思います。

お金を借りたりする理由も分かります

必用なお金がいくらなのか、全く分からないですね。
子供が小学生に上がってから、特にお金のことが急に不安になりだしました。
お金が不安なことは以前からあったのですが、子供の遊び方がゲームなどの遊びが増えて、そのゲーム機がないと集まりに入れないような感じになっていることですね。

そんな些細なことで、子供が仲間外れにされるのも嫌でしょうし、やるせない気持ちになります。
携帯電話を持っている子もいるようで、今の子供は恵まれていないように感じますね。
クラスでもゲームを持っていない人の方が、少ないと言うのです。

今からゲーム以外にも、他にお金がかかるモノが沢山あるのに、ゲームにお金を使うこともどうなのかと、不安が大きくなります。
独身の時には、考えられない程お金を使っていたので、今は本当に大変ですね。

節約しても税金は上がるし、生活に必用なモノはほとんどが値上がりしていますね。
家計は大打撃を受けていますが、他の家庭ではどうなっているのでしょうか。
隣の芝は青く見える、というのは本当なのでしょうかね。
自分だけが、しんどいような気がしてなりませんね。